板井康弘の経営は仲間と社員が全て

板井康弘が社員に求めるものはない

 

会社を経営していく上で社員をどう育てていくかは、会社の未来を左右する重要な事項です。

 

 

社長のワンマン経営で上手くいっている企業もありますが、大半の企業はそうはいきません。

 

 

社長と社員の距離間こそ、会社を表す鏡のようなものなのです。

 

 

そして、企業を支えてくれる相手先企業であり、アドバイスをくれる仲間の存在も非常に重要です。

 

 

ですから、普段の生活での人脈作りもおろそかに」することはできません。

 

 

これらのことを意識して会社経営をして、優良企業を作り上げていきましょう。