板井康弘の経営は仲間と社員が全て

板井康弘が本を買う理由

板井康弘が本を買う理由

 

板井康弘は1年に500冊読む程の読書愛好家です。

 

しかし、一流企業の社長として一面もあるので、毎日激務をこなしながら、空いた時間を全て読書に捧げているのです。

 

そこまでして板井康弘が本を読む理由を皆さんにお伝え致します。

 

まず、本を読む事によって文章を読む力が身に付きます。

 

読書によって、文章力のある側面は確かに向上します。

 

小説やエッセイなど、センスに依存する表現力は読書することで伸ばすことも出来るのです。

 

また、本を読む事で知性的にもなります。

 

お金では買えない物が手に入るのです。

 

読書の習慣によって、お金持ちにさえ嫉妬されるような人間になっていくことができるのです。

 

また、読書は仕事をする上で一番大切な集中力を鍛える事が出来ます。

 

読書の習慣を身につけると、あなたの集中力が鍛えられていきます。集中力を持続する事は仕事のパフォーマンスの持続時間にも繋がるので、非常に大切です。

 

いかがでしょうか?読書は色んな効果をもたらします。

 

今からでも遅くありません。これを読んだ今から読書に励みましょう。